FC2ブログ

エミケン 「日報」

東京・奥多摩にある 注文家具工房『エミケン』 の日々です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

8月5日 日和佐二十四日目

今日もお客さんと那賀川ツアーを行った。 ひでぽん と くまさん のお二人。お二人ともシーカヤック歴は2年ほどだが川下りはこれが初めて。緊張がこちらにも痛いほど伝わってくる。スタート地点まで移動する車の中での硬い表情がなんとも印象的だった。ワシは密かに
「帰る時には二人に、川ってなんて楽しんだ!と目をキラキラさせて言わせて見せよう」 と今日の自分へのお題を決めた。

p201108051.jpg
スタート前。入念にセルフレスキューの練習をする。これでもかっ、てほど繰り返し。今日のツアー中、最も多用した技術になった。静水でのロールは二人ともほぼ完璧。

p201108052.jpg
いくつかの瀬をロール、沈脱を駆使しドタバタと乗り越え、アドレナリンも充分漏れ出しいい具合に開き直った頃、今日最大の難所の 「鞍返しの瀬」 が登場!下見をし覚悟を決め水杯を交わす。

p201108053.jpg
くまさん二等兵、突撃!あわや轟沈か!!この体制から見事リカバリーし無事クリア!驚くような雄叫びで喜びをあらわにしていた。

p201108054.jpg
ひでぽん二等兵、突撃!嗚呼、横を向いてしまった、南無三!!そして轟沈~!!しかし見事なセルフレスキューで無事生還。

p201108055.jpg
このあとダウンリバーは益々ドタバタ度を増していく。くまさんは何かコツをつかんだか、なかなか安定していた。ひでぽんは積極的轟沈をいたるところで繰り返し、ロール成功率も下がり、沈脱率が上がり疲労はピークに達しているようだった。それでも目はキラキラと輝きを増していた。その姿はまるで 「一乗寺下がり松の決闘」 の宮本武蔵をほうふつとさせた。

そしてゴール!激戦をくぐり抜けた戦友は固い絆で結ばれたのだった。最後に二人から 「川、楽しいです!」 の言葉を引き出した。大成功!

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2011/08/05(金) 23:14:23|
  2. 日和佐のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<8月6日 日和佐二十五日目 | ホーム | 8月4日 日和佐二十三日目>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://emikenn.blog76.fc2.com/tb.php/192-27148011
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

注文家具工房 『エミケン』

エミケン ケン

Author:エミケン ケン
www.emiken.com
東京・奥多摩 「氷川城」城主。
過去の「日報」は →[コチラ]

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。